医療介護福祉の学び情報メディア

ケアマネ受験対策

第26回ケアマネジャー本試験解答速報 問題25「事例問題」

特別養護老人ホームに入所しているAさん(80歳、女性、要介護4) は、がんの末期で余命1か月程度と医師から告げられている。Aさんは自宅で最期を迎えたいと希望している。自宅で一人暮らしをしている夫は、Aさんの希望に沿いたいと考えているが、自宅での介護や看取りに不安を抱いている。Aさんの居宅介護支援の依頼を受けた介護支援専門員がAさんや夫との面談を進めるに当たっての対応として、より適切なものはどれか。 3つ選べ。

  1. 夫が何を不安に感じているのかを聴き取る。
  2. 施設の嘱託医に居宅療養管理指導を依頼する。
  3. 夫の負担を考慮し、施設での看取りを依頼する。
  4. Aさんが自宅でどのように過ごしたいのかを聴き取る。
  5. Aさんの自宅がある地域で看取りに対応している診療所の情報を収集する。
答え:1.4.5

【問題25】の解答解説

1…適切
自宅で看取りたいと決められた夫はきっと大きな不安を抱えていると思います。その不安を聞くことも介護支援専門員として重要な仕事になりますとのこと。

2…適切でない
これから施設を退去されるのに、施設の嘱託医に居宅療養管理指導を依頼するのはおかしいですよね。

3…適切でない
Aさんは自宅へ帰りたい。夫も自宅でと言われているのに、夫の不安を考慮し施設での看取りを依頼するのは、介護支援専門としてやるべきことではないですよね。

4…適切
夫の不安を聞くことも大事ですが、まずは本人が自宅に戻ることについて自宅でどのように暮らしたいのか話を聞くことは大事なことですよね。

5…適切
自宅で生活をすることに決めたのなら、訪問診療で看取り対応できることなど、医療との連携が大切になってくるので色々な情報取集は大事になってきます。

『LINE公式登録で無料セミナーご招待♪』

毎月無料セミナーをオンラインで開催しております。必ず出る単元を資料付きで月2~4回開催、1回1時間程度で「内容は有料級!」と評判です。参加方法はLINE公式「三方のケアマネ受験対策@ケアマネ合格革命」に登録していただくだけです!グループ内でご案内させていただきます。一緒に勉強しましょう♪
(LINE公式は完全無料・出入り自由です)

QRコードで
LINEの友だちを追加

来年度ケアマネ受験対策講座、受付中!! 一緒に頑張りませんか?
次回ケアマネ受験対策講座、募集開始しました!一人での受験勉強で結果がでない… あと一歩で合格できない..悩みを抱えているあなたをバックアックする講座、教材をご用意しています。是非一緒に合格に向けて頑張りましょう!

ケアマーネジャー
受験対策講座を見る

  • 記事を書いた専門家
  • 専門家の新着記事
三方憲子

三方憲子

ケアマネジャー受験対策講師

15年前に第2子の出産を機に介護職に転職。訪問介護員約5年、特別養護老人ホーム8年、市の認定調査員の勤務経験あり。ケアマネ受験対策講師8年目。現在まで約150名以上の受講者を担当。1日講座150回以上、個別指導900時間以上の実績あり。2022年度合格率83%の実績と自らの受験経験、様々な働き方で合格した方々の事例を活かした「分かりやすさ・効率・継続重視」の指導をオンラインと会場セミナーで展開中。YouTubeチャンネル【ケアマネ合格革命・三方憲子】で授業動画を配信中。登録者数3,800人突破、1か月再生回数3万回を超える。ポイントを絞った「分かりやすさ」重視で視聴リピーターが多数存在する。

  1. 第26回ケアマネジャー本試験解答速報 問題36「複合問題」

  2. 第26回ケアマネジャー本試験解答速報 問題35「栄養・食生活」

  3. 第26回ケアマネジャー本試験解答速報 問題34「病院との連携」

関連記事

PAGE TOP