医療介護福祉の学び情報メディア

ケアマネ受験対策

第26回ケアマネジャー本試験解答速報 問題28「検査値」

検査について適切なものはどれか。 3つ選べ。

  1. 腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上の場合は、メタボリックシンドロームの診断において腹部型の肥満とされる。
  2. AST(GOT)は、肝臓以外の臓器の疾患でも上昇する。
  3. ヘモグロビンA1cは、採血時の血糖レベルを評価するのに適している。
  4. 尿検査は、尿路感染症の診断に有効である。
  5. CRP(C反応性たんぱく質)は、体内で炎症が起きているときに低下する。
答え:1.2.4

【問題28】の解答解説

1…正しい
メタボリックシンドロームは、おへその高さの腹囲が男性85cm・女性90cm以上で、かつ、血圧・血糖・脂質の3つのうち2つ以上が基準値から外れると「メタボリックシンドローム」と診断されます。

2…正しい
AST(GOT)は、肝臓以外の臓器の疾患でも上昇します。ASTは、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼという酵素の一種です。肝臓をはじめ、心筋や骨格筋に多く含まれており、心疾患でも上昇します。

3… 誤り
ヘモグロビンA1cは、過去1~2か月程度の血液中の糖分の状態を評価する指標です。血糖値は血液検査をしたその時の血液中の糖分の状態しか評価できないのに対して、ヘモグロビンA1cは血液検査をする1~2か月程度前からの血糖の状態が評価できます。

4…正しい
尿検査は、尿路感染症の診断に有効です。尿路感染症では発熱以外の症状がなく、尿検査をしないと診断できないことも多いため、尿検査がとても重要です。尿検査では、尿の中に白血球や細菌がいるかを確認します。

5… 誤り
「CRP」とは「C反応性蛋白」のことで、炎症と組織破壊で上昇します。たとえば、細菌やウイルスによる感染症、本来は自分を攻撃しないはずの免疫が不調をきたし、自分の臓器を攻撃する自己抗体が生成されて関節や皮膚、心臓、腎臓などさまざまな臓器に障害が起こる膠原病(こうげんびょう)でも上昇が認められます。また、組織や細胞の破壊が起きたときにも上がるため、心筋梗塞やがんでも上昇します。

『LINE公式登録で無料セミナーご招待♪』

毎月無料セミナーをオンラインで開催しております。必ず出る単元を資料付きで月2~4回開催、1回1時間程度で「内容は有料級!」と評判です。参加方法はLINE公式「三方のケアマネ受験対策@ケアマネ合格革命」に登録していただくだけです!グループ内でご案内させていただきます。一緒に勉強しましょう♪
(LINE公式は完全無料・出入り自由です)

QRコードで
LINEの友だちを追加

来年度ケアマネ受験対策講座、受付中!! 一緒に頑張りませんか?
次回ケアマネ受験対策講座、募集開始しました!一人での受験勉強で結果がでない… あと一歩で合格できない..悩みを抱えているあなたをバックアックする講座、教材をご用意しています。是非一緒に合格に向けて頑張りましょう!

ケアマーネジャー
受験対策講座を見る

  • 記事を書いた専門家
  • 専門家の新着記事
三方憲子

三方憲子

ケアマネジャー受験対策講師

15年前に第2子の出産を機に介護職に転職。訪問介護員約5年、特別養護老人ホーム8年、市の認定調査員の勤務経験あり。ケアマネ受験対策講師8年目。現在まで約150名以上の受講者を担当。1日講座150回以上、個別指導900時間以上の実績あり。2022年度合格率83%の実績と自らの受験経験、様々な働き方で合格した方々の事例を活かした「分かりやすさ・効率・継続重視」の指導をオンラインと会場セミナーで展開中。YouTubeチャンネル【ケアマネ合格革命・三方憲子】で授業動画を配信中。登録者数3,800人突破、1か月再生回数3万回を超える。ポイントを絞った「分かりやすさ」重視で視聴リピーターが多数存在する。

  1. 第26回ケアマネジャー本試験解答速報 問題36「複合問題」

  2. 第26回ケアマネジャー本試験解答速報 問題35「栄養・食生活」

  3. 第26回ケアマネジャー本試験解答速報 問題34「病院との連携」

関連記事

PAGE TOP