医療介護福祉の学び情報メディア

ケアマネ受験対策

第26回ケアマネジャー本試験解答速報 問題23「事例問題」

Aさん(72歳、男性、要介護2、認知症高齢者の日常生活自立度Ⅱa) は、妻(63歳)と二人暮らしで、小規模多機能型居宅介護事業所に登録し、週2回の通いサービスと週3回の訪問サービスを利用している。Aさんは、若い頃より散歩が趣味であったが、最近、散歩に出かけると自宅に戻れなくなることが増え、警察に保護されることがあった。 妻は日中就労(週5日)のため、見守ることができずに困っている。この時点における計画作成担当者である介護支援専門員の対応として、より適切なものはどれか。 3つ選べ。

  1. 徘徊感知機器の情報を収集し、Aさんと妻に情報提供を行う。
  2. Aさんや妻の同意を得ないで、Aさんの立ち寄りそうな店舗などに、Aさんの写真と妻の携帯電話番号を掲示してもらう。
  3. Aさんの心身の状況や自宅周辺の環境をアセスメントし、自宅に戻れなかった理由を探る。
  4. 通いサービスの利用日以外は外出をしないように、Aさんを説得する。
  5. 近隣住民等による見守り体制が取れるかどうか民生委員に相談する。
答え:1.3.5

【問題23】の解答解説

1…適切
困っている家族の方などに、色んな情報を伝えることは介護支援専門員の大事な業務のひとつになります。

2…適切でない
個人情報を本人や家族を得ずに勝手に写真や携帯番号など掲示するなどしてはいけないことです。個人情報を保護することは、法令上の努めです。

3…適切
Aさんの心身の状況や環境をアセスメントすることは、Aさんのことを知る上で大切なことです。

4…適切でない
外出しないように説得するというのはおかしいですね。なぜ外出しようとするのか?Aさんのことをもっと知ることが大切です。

5…適切
近隣住民や民生委員といったインフォーマルサポートもケアプランを立てるのに必要になってきます。相談することはインフォーマルサポートにおいて必要なことだということになります。

『LINE公式登録で無料セミナーご招待♪』

毎月無料セミナーをオンラインで開催しております。必ず出る単元を資料付きで月2~4回開催、1回1時間程度で「内容は有料級!」と評判です。参加方法はLINE公式「三方のケアマネ受験対策@ケアマネ合格革命」に登録していただくだけです!グループ内でご案内させていただきます。一緒に勉強しましょう♪
(LINE公式は完全無料・出入り自由です)

QRコードで
LINEの友だちを追加

来年度ケアマネ受験対策講座、受付中!! 一緒に頑張りませんか?
次回ケアマネ受験対策講座、募集開始しました!一人での受験勉強で結果がでない… あと一歩で合格できない..悩みを抱えているあなたをバックアックする講座、教材をご用意しています。是非一緒に合格に向けて頑張りましょう!

ケアマーネジャー
受験対策講座を見る

  • 記事を書いた専門家
  • 専門家の新着記事
三方憲子

三方憲子

ケアマネジャー受験対策講師

15年前に第2子の出産を機に介護職に転職。訪問介護員約5年、特別養護老人ホーム8年、市の認定調査員の勤務経験あり。ケアマネ受験対策講師8年目。現在まで約150名以上の受講者を担当。1日講座150回以上、個別指導900時間以上の実績あり。2022年度合格率83%の実績と自らの受験経験、様々な働き方で合格した方々の事例を活かした「分かりやすさ・効率・継続重視」の指導をオンラインと会場セミナーで展開中。YouTubeチャンネル【ケアマネ合格革命・三方憲子】で授業動画を配信中。登録者数3,800人突破、1か月再生回数3万回を超える。ポイントを絞った「分かりやすさ」重視で視聴リピーターが多数存在する。

  1. 第26回ケアマネジャー本試験解答速報 問題36「複合問題」

  2. 第26回ケアマネジャー本試験解答速報 問題35「栄養・食生活」

  3. 第26回ケアマネジャー本試験解答速報 問題34「病院との連携」

関連記事

PAGE TOP